2007年06月27日

新型ノア・ヴォクシー発表。〜更にヴィッツでぼやき…。(^^;

PAP_0259.JPGPAP_0258.JPGPAP_0260.JPGPAP_0261.JPGPAP_0262.JPGPAP_0263.JPGPAP_0264.JPG
             ノア G

PAP_0265-1.JPGPAP_0266-1.JPGPAP_0268.JPGPAP_0267-1.JPGPAP_0269.JPG
            ヴォクシー Z

 ついに、新型ノア・ヴォクシーが発売開始されました。

 基本コンポーネンツこそ旧型を継承するものの、エンジンが従来の直噴を止めて、通常の副室式と新開発のバルブマチックの2本立てへと、変更されました。

 でも、カタログだと1ページ程度の扱いだから、これ読んで理解できたあなたは神様だと、私思います。私もわからなかった…。

 今回は、カローラ店でノアを、ネッツ店でヴォクシーを両方実車に触れることが出来たのが、今日の収穫です。
 
 昨年のカローラから、トヨタ車のシートの座り心地が良くなっているのですが、今回のノア・ヴォクシーも例外なく改良されてました。

 具体的には、Fシート・2列目のシートの座面が前上がりになって、腰周りが落ち着くようになってます。

 加えて、これもカローラ以来継続されてるのですが、テレスコピック機能が追加されてるんですね。ただ、ノア・ヴォクシーの場合、然程の有り難さは感じなかったのですが。

 というのも、ステップワゴン系箱型ミニバンで、出来るだけアップライトなポジションを取りたいため、スイートスポットが一番奥の一番上しかないのです。

 今回の展示車は、ノアが最豪華グレードのGで、ヴォクシーが通常エンジンのエアロ仕様のZでした。

 バルブマチック仕様には出会わなかったのですが、両車に触れてみてわかったのは、最豪華仕様は両側電動スライドドアが付くなど至りつくせりであることと同時に、ステアリングはむしろ革巻でないグレードの方が握り心地が良かったことですね。

 どうやら、試乗は7月7日から出来るようになりそう…。

 それと、これは旧型後期からあったけど、3列目を廃してベッドやテーブルに出来るYY(ノア)やトランスX(ヴォクシー)が、私の一押しだったりして。

 3列目使わないなら、ラゲッジルームが広がって、遊び心も広がるので、面白いよ〜。


PAP_0270.JPG

 ヴォクシーを観に行ったついでに、ヴィッツの展示車にも触れてみたけど、やっぱり馴染めない運転席なんだよ〜。

 何ていうか、実用的な小型車ならアップライトに座りたいと思ったら、Fガラスの傾斜がきつくて、しかもAピラー上端がかなり後方にあるので、シートリフターで着座を上げると正直圧迫感がある。

 ならばと、Fガラスから離れようと着座を落としてみるも、今度は相対的にインパネが高くなり、車両感覚が掴みにくくなる。

 それを証明するのが、Fガラスの下端だけ上にある、歪んだ居住空間だと思うけど、写真でわかるかなぁ。

 しかも、シートは平板。テレスコピックは1.3Uのみ。(展示車は1Lモデルのため装着されず。)その仕様に限って、出来の悪いリアシートが付いてくる。

 ペダルが何と左寄り。まるで、右ハンに不慣れな輸入車か、スペース効率に明け暮れてた大昔の軽自動車みたい…。

 その点、隣にあったモデル末期のイストの方が、シートもペダルもマトモだった。

 というわけで、現行ヴィッツはお奨めしたくないのが、正直なところです。(^^;
posted by あきちゃん at 23:08| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。