2007年06月30日

新たな相棒がやってくる。〜ファーストインプレッション編。

PAP_0273.JPGPAP_0274.JPGPAP_0272.JPGPAP_0271.JPG

 今日から我が家にやってきた、新たな相棒を紹介します。

 平成5年式のダイハツ・ハイゼットバンです。

 S82Vの最終型で、12インチが標準で装着されてきます。

 距離は9.9万km強で、今年3月で車検切れ。

 車検が残ってた期間、クルマ屋さんの代車として活躍していて、最近のAT需要が増えてお役御免となった1台です。

 さらにクルマの紹介をすると、5MTで(当時は4MTも珍しくなかった…)エアコン付きです。

 いくら代車としての役目を終えたとはいえ、エンジンなどはまだまだ元気とのこと。

 車両本体は4.2万円と安かったものの、タイミングベルトが交換時期で、ウォーターポンプも交換が必要だったため、これらの作業料・部品代込みで9万弱掛かりました。

 それと、既に自賠責で約2.5万使ってます。

 そんなこんなで、前席2つが乗用グレード(でも法規上は4ナンバーで軽貨物車。但し、最大積載量は200kg)用に交換された室内に入り、クルマ屋さんを後にする。

 走り出して真っ先に、旧規格で幅が狭くかなりコンパクトに感じましたね。

 パワステはないものの、非常に軽い車重で、非常に細いステアリングホイールで、今時の軽貨物にはない世界が…。

 今までのスバルと違い、エンジンが3気筒になるためか、発進時のクラッチミートはかなりやりやすい。

 今日は、エアコン全開で走行であったにも関わらず、周りの交通の流れに沿いやすかったですね。エンジンをかなり回しましたが。


 ここで、現状の問題点及び改良点を…。

・思ったよりは良かったとはいえ、やはり現状のシートでは長距離で腰にくる。

・ここは、サンバーからレカロを移植が一番。

・果たして、シートレールの加工にどのぐらいコストが掛かるか…。

・直進性が良くない。

・ステアリングのセンターが合ってない。

・カーナビ・ETCの移植。セットアップが必要。

・できれば左右両脇からも、エアコンの風が来るようにダクトを装着したい。乗用グレードから流用できるかも。

・ラフロード対策として、トラックのクライマー用電動デフロックを流用したい。

・車内泊しやすいように、プライバシーガラス化と室内にカーテンを付ける。

・ワイパーの作動速度が遅い。モーターの問題か。



 また、走っててルームミラーの映像が揺れたシーンがあったことから、振動はそれなりに大きいのかもしれない。

 でも、乗り心地はそんなに悪くはない。いや、下手したら下手な高級車より、いいかもしれない。

 

 今後の仕上げが、楽しみになってきた〜。
posted by あきちゃん at 10:09| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 商用車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハイゼット HIJET (ダイハツ)
Excerpt: 「ハイゼット HIJET (ダイハツ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。《新車チェック/購入検討...
Weblog: クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!
Tracked: 2007-07-26 19:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。